前頁(高知県のトピックス)      動く笑顔gif    

タイトル
土佐弁のいろいろ黒板と教師バナー
ことば・次頁にリンク   fc2のpicture.htm

2006.5.3高新 高知市の生活創造工房 動画版CD教材「土佐弁劇場
土佐弁への変換エンジン
http://www.roy.hi-ho.ne.jp/ken_jun/yosakoi_ryoma.html

アイコン 項目1 方言 使用者の生育地の違いという空間軸に沿って現れる日本語の変種、方言的な特色は、単語・文法・アクセント等、言語の各側面に満遍なく現れる。地域的方言のほかに社会方言なる概念を提案するひとがある。政界方言とか新聞記者の方言などである。〜言語は歴史的変化の中で、多様化していく、拡散と、その逆の収斂である。「古田東朔氏の日本語学概論」から引用。

まぎる」とは「じゃまである」という意味の土佐弁。Get out of my way を直訳すると「あなたはじゃまです」よいう英語ですが、ここは自然に「どいて」と医薬するほうが自然です WVERGREEN英会話のPR文より・一部転載。

http://hougen.atok.com/?m=jui21s02


 イントネーション・リズム・間・アクセント・単語・発音(じぢずづ)--  チヤ・ネヤ

その言語が抑圧されたり消滅したりすることは特異な事態。(小言語の消滅はゆゆしいこと、多様な文化があってこそ人類社会は豊かで柔軟性に富み活気あふるるものとなる。

2007.10.27高知新聞 片岡雅文 ・・きょう文字・活字文化の日 ・・土佐言葉(土佐弁)も時代とともにずいぶん廃れましたが、まだ健在のものがたくさんあります。たとえば、いそしい(勤しい)、いぬる(去ぬる)、いられる(苛れる)、がいな(我意な)、げに(実に)、しわい(吝い)、へんしも(片時も)・・親しい日常語・・これらの言葉が「源氏物語」や「平家物語」などに出ているということです。・「土佐日記」のたびの途次、室戸の沖を航行しているときに「げにと思いて、人々忘れず」(もっともだと思って、みんな忘れずにいた)と、「げに」を使っています・・。

古代ラテン語が,歴史の流れの中で、フランス語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語などに変化していった〜歴史的変化の中で,多様化して行く、いわば拡散していく傾向〜〜、それとは逆の、多様なものが差を縮め一様化に向かう、いわば収斂する変化のあることにも注意しておかねばならない。〜集団社会を構成するとき、都市生活を営む場合、時間の経過とともに一種の統一・平均化が起こることはよく知られている。

(ハワイでは、広島弁。パラグアイでは、土佐弁など)特定の方言からの影響のもとに〜差を失い統一に向かう場合いが有る。<沖縄県;島々で言語は多様化。北海道;全道に共通な北海道弁の発達>等。「古田東朔氏の日本語学概論」から引用。

佐賀県で「かしわが喚く(おめく)」土佐では、生きていたら鶏。

2015.6.15高知新聞 医師にぼっちり 土佐弁 高知大生(医大の三次仁海さん)がつくりゆう うかうかする(めまいがする)  うるさい(しんどい)  さげる(下痢をする)  ずつない(ひどくつらい、苦しい)  ぞいぞいする、ぞんぞんする(寒気がする)  たごる(咳がでる)  ひょいひょいする(ふらふらする)  ふたふたする(動悸がする)  まける(かぶれる)


2008.1.21 高知新聞 月曜随想 土佐弁の中のオトナ語  大野 加恵 ・・10数年前に高知帰ってきて、働き始めた頃のことを思い出しました。「○○はマエガキレンきいかん」「サキヤリを誰がやるかのうし」「今は、タレモツーチューキ、ゆるいとーせ」「そんなテアテアな事をしよったらいかんろうが・・」「これは、ノッソの数字ですき・・」「アトヘハウようなこたーせられんぞ」「それをどうトラマエルかねや」「是はちっくとやくがかかるのう」。そして、「これらをさび分ける必要がある」などど・・・。一時期、このように仕事を通じて採取する土佐弁を「ビジネス土佐弁」と呼んでいました。ところが、ある方のご指摘で、仕事の場だけではなく「大人同士の会話で、よう使うガや・・」ということがわかりました。つまり。「土佐弁のなかのなかのオトナ語」ですね。・・・。
 
2003.7.7高新、嶋岡晨 ; 『四国西南を蛇行する四万十川(渡川)。その下流に中村という町がある。中世、戦乱の京都を逃れて「幡多の荘」をここにつくったのは一条教房。〜その辺り、伊予に近く、〜コトバガ幡多郡以東とは違ったものとなった、と思える。〜宿毛の町の子らは、「イッチキチ、モンチキチ、ミチクリタ」(チガテであると気付くのに1ヶ月かかる)などとしゃべる。高地城下を中心にひろがる<土佐なまり>も件外人にはかなり難解なものらしい。「・・・・ニカーラン」「・・・・シツロー」「タマー」「オーノ」「マッコト」「カマン」「ヘンシモミド(水を)モテキー」「イヤチヤ」「ユートーセ(優等生にあらず)」・・・幡多弁はもっとわかりにくい。アクセントは東京弁に近い。「飲めるぜや」(めが高い)〜〜』

じぢずづの区別  テンス  幡多弁(佐賀ー興津ー志和ー土佐久礼--)
晴れている;晴れるろう、晴れちゅう、晴れた、晴れちょった。行く、行くろう、行っちゅう、行った、行きゆう(現在進行形)、行っちょった(いったことがあった・過去完了形)、行かん、行かざった。(雨が)降るで練習。言うで練習。買うで練習。

いごっそう、いちがい、どくれ、もがり(山崎仲道さん記述)

電灯がアカイ
外(そと)がアコウなって、オドロイた(目がさめた)


日差しがツヨウなり、肌が黒くヤケだいた(日焼けしはじめた)キ(〜の故に)「日焼け止めを」塗りタクッタが、みごとにコガイタ(焦した)。コガイテしもうたキ<前掲>ひりひりするよ。(ひりひりシユウ。〜シヨラヨ。)
オドロイテ、ちっともねれざった。(はっと、目がさめて〜)

飲まないかんぜよ。おまんは(おんしは)おらの(わしの)酒が飲めんがかよ。
あいたあ(あの人はの意)ざっとしちゅう(へごなねや)。

コゲタ、コガイタ、コガイテシモウタ、コゲチュウ、コガイチュウ、コゲチョッタ、コゲユー、コゲヨッタ

『コーヒーが沸いちょります』
『焼きそばが焼けちょります』
『車で(あなたを)つんで行っちゃろか!』
『だれこけちゅう』


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

そうがましい;騒がしい←源氏物語に滑稽な公道や物言いを「さるがうこと」「さるがうがまし」
かあらん;そうであろうかという推量形;←「そうに、かあらん」 <言葉の芸能史(笠井賢一さん)より>

やちもない 埒も無い:めちゃくちゃでばかばかしい、他愛も無い;国語大辞典=とそんど;軽率なさま、無益なさま;土佐に尾は古語がそのまま使い続けられているが多い

 2014.9.11高知新聞 声 ひろば 市川まさこ 78 主婦 「ひだるい」 高知市福井町 詩人、小松弘愛氏の詩集には、土佐の方言をめぐる作品が数多くある。「てにあん」「ひせくる」「ぐじをくる」など、・・・「ひだるい」という詩の前に「この一両日食物(イキモノ)絶えて、術(スベ」なくひだるく候ままに」(古今著聞集)とある。・・・突然亡き母の姿が思い浮かんだ。「母ちゃんひだりい」「ひだりかったらおいもがあるきに」・・・今は飽食の時代、・・・ふたたび「ひだるい」日は来ないだろうか。・・・「ひだりい」とつぶやくといつでも母と昔の景色が目に浮かんでくる・・・。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

シルバー高知のMLへの書き込みから転載
   「ですきに」= ですので 「書いたがですが」=書いたのですが。「立てなや」=立てなくても良いでしょう。 
   「えーじゃいか」= 良いでしょう。 「もろうた」= もらった「しよります」= しています。 「みたがです」= みたのです。

   「しちゅう」= している 「ががあって」のがあって。「いっちょった」= 行っていた 「思うたがですが」= 思ったのですが。「出いて」= 出して

   「そいたら」= そうしたら 「どういうたと」= どう言ったと。「されゆう」= されている 「おありながですか?」= おありなのですか? 「せんずつ」= しないで 「出おうた」= 出会った

   「どだい」= まるで 「あだたん」= 困難で物事が始まらない(今日の土佐弁で これが一番難しい) 「こんまい」= 小さな 「建てたいがです」=建てたいのです。 「どういたち」= どうしても 「えー言わんずつ」=言うことがでずに 「きたがです」= 来たのです。「ですぜよ」= ですよ。

   「言いよりますが」= 言っていますが 「どうながですろう」= どうなっているのでしょう。 「書きゆう」= 書いている 「いるがでしょうか?」= いるのでしょうか? 「教えとうせ」= 教えてください。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

イラバカス(見せびらかす)。カヤス(たおす)。イラレ(せっかち)。エズイ(つらい。こまった)。クルメル(しまいこむ、かたづける)。ずくばる;家主が立ち退けゆうけんど、ずくばりゆう。ずるーないぞぶる(水をゾブル)。タゴル(せきをする)。ダレル(つかれる)。ヌクイ(あたたかい)。ナシテ(何故に))・なーし(何故);土佐清水市。ネブル(なめる)。ノウガワルイ(ぐわいが悪い)。ノタ、ヌタ(沼田、泥田)ノタクル、ノタクリマワル。ヘンシモ(急いで、直ちに)。ホタエル(ふざける)。ミゾイ(短い)。モガル(反抗する)。ヤリコイ(やわらかい)。リグル(念を入れる)。アギ(顎)。バッサリ。ザットシチュー。へちを言うな、ヘチヨエ。この笠はダレノガ?。カアルニカーラン。カワランニカーラン。


------ Silver 高知 MLの書き込みより抜粋転用------
順不同で、正解率が高いと思うちゅうもんから回答します。
「あいた」・・・「今日はいかんき あいた来とうせ。」 「明日」
「あいだ」・・・「連休は混んじゅうき あいだの日にきいや」 「ふだん」
「あいまち」・・・「階段からこけて おおあいまちした。」 「怪我」
「あいま」・・・「あいまあいまで構んき これやっちょいて」 「空いている
とき」
「あいさに」・・・「あいさにゃー遊びに来いや」 「たまに」
「あいこ」・・・「これであいこじゃのう もういっつちょうやるかよ」「一緒・同じ」
「あいころもちにする」・・・「ほんならこれで あいころもちにしょうか。」「相殺」

どういたち判らんがが「あい」、前後に言葉がありゃーひょっとしたら判るもしれんけんど、これギブアップ。「わい」・「あて」と同意語なら「私」やけんど違うちゅうろうねえ。

ざなぎまわるは、足もたたんのに、わーわいって騒ぐと言う意味らしい。安芸以東の方言とかもう一つ、しょう・えずい、これは高知以西で使われて吾北の人はとても悲しい、とかつらいと言う意味に使われているようです。
「あいた」・・・「今日はいかんき あいた来とうせ。」 「明日」
「あいだ」・・・「連休は混んじゅうき あいだの日にきいや」 「ふだん」
「あいまち」・・・「階段からこけて おおあいまちした。」 「怪我」
「あいま」・・・「あいまあいまで構んき これやっちょいて」 「空いている:とき」
「あいさに」・・・「あいさにゃー遊びに来いや」 「たまに」「あいこ」・・・「これであいこじゃのう もういっつちょうやるかよ」 「一緒・同じ」
:「あいころもちにする」・・・「ほんならこれで あいころもちにしょうか。」 「相殺」
本当に、だんだんと土佐弁も忘れられてゆきますね。それにしても、土佐も広い。いろんな、方言がげにあるもんですね。
川竹さんの;患者A:先生 あてもう直ぐ死ぬのでは;医者 :おまんは ざなぎまわりよるきに 大丈夫よね。
「ざなぎまわる」は、妻も知りませんでした。なるほど、足も立たんのに口ばあ立つことを言うんですね。
------------------


土佐弁はスーパー日本語 文化高知2000年5月NO95 p3より転載

筒井由美子さん インターカルト日本語学校信濃町校校長 

『〜授業のなかで、どうもやりにくいと思うことがあります。共通語でなくて土佐弁ならいいのに、と。一番そう強く思うのは、「している」という表現を教えるときです。よく知られているように、土佐弁では「〜ゆう」と「〜ちゅう」とに分かれる表現が、共通語では、一つしかありません。例えば「着ている」は第一義は「着ちゅう」ですが、文脈によっては「着ゆう」にもなり得ます。「彼女は着物を着ている」。きれいだね」は「着ちゅう」、「今着物を着ているから、ちょっと待って」は「着ゆう」です。

着終わっている状態と着ている最中とが、まったく同じ表現だなんてひどい、と思うわけです。窓を開けて「あ、雪が降っている」と言うと、「降りゆう」も「降っちゅう」も可能性があるのです。ひどい。

そういうわけで、「〜している」の使い方は、日本語の中で最も難しい項目の一つになっています。わたしはひそかに、本来の日本語は土佐弁のように、二つの表現が存在していたかずだと思っているのですが。

もう一つ例を挙げると、禁止の言い方です。共通語では、「〜してはいけない」という複合表現を使わねばならず、動詞の活用変化でこの意味を伝えることは出来ません。土佐弁では、「行かれん」「食べられん」」というのがあります。共通語で同じ形の「行かれない(=行けない)」「食べられない」というと、可能形の否定になります。土佐弁の可能形の否定は「行けん」「食べれん」という形があります。この可能形は状況可能つまり周囲の状況が原因で可能不可能であることを表し、能力可能は別の形の「よう〜する・せん」があります。

例えば、「今日は泳げん」と「私はよう泳がん」とは、異なった意味の可能形ですね。共通語では、このような状況可能と能力可能の違いはありませんから、どちらも「泳げない」または「泳ぐことができない」と言います。これだけでも表現力の違いがわかるでしょう。土佐弁はこのように豊かな言葉です。いつまでもこの豊かさが保たれることを心 から望みます。』 大文字は転載者つまり私がつけました>
     
使って残そう土佐言葉   農業 松井正 2000.6.30 高知新聞  <回文の項参照>

共通語で、「雨が降っている」「大勢の人が集まっている」といっても、@現在も雨が降りつつあるのか、現在も人が集まりつつあるのかA降ったあとの状況なのか、人が参集した状態なのか、どちらの状況なのか聞く人は判断できないので、「いまも降っているの?」などと聞き返す必要があります。
ところが土佐言葉は、現在進行形は「雨が降りゆう」「人が集まりゆう」
現在完了形「雨が降っちゅう」「人が集まっちゅう」⇒「雨が降り止んで地面などが濡れている」「人が集まり終えている」
過去進行形「雨が降りよった」「人が集まっちょった」

共通語の、「雨が降ってた。」「人が集まってた。」では、どちらの状況か判断できません。

土佐言葉では、同輩・目下のものに言うとき,目上の人に対してや同輩・目下に優しく言う時とでは次のように区別して表現できます。
笑うな.笑いな。急ぐな。急ぎな。泣くな。泣きな。怒りな。怒るな。
(あいうえお・かきくけこーーなどの二段目が丁寧、三段目が同輩にたいする言葉になります。

また、「おらんくへ来(こ)いや」「ぼくんくへ来(き)いや」などと微妙に使い分けができるのも、土佐言葉の長所です。

〜いまでは、地方の時代と言われ,地方の文化が見直され、尊重されるようになっています。
方言は、その土地に住む人々が長い年月をかけて作り上げてきた文化遺産です。土佐言葉は、土佐人が天下に誇るべき優れた言葉です。いつまでも大切に受け継ぎ,語り継いでいきたいものです。[幡多郡大方町浮鞭1985]

「新・土佐日記」 旅行作家 高木さん(大阪) 葉文館 1800円
 

フトイ;土佐のふとい、フトイ・コマイ;箱の大小などの比較にとどまらない。「あの建物はフトイ」「10万円はフトイぜよ」「あの子はフトウナッタ(成長した)ネヤ」「あいつの考え方はフトイ」等。

おりゅうし→さいさい→ぢょうく→びっしり;(おりにふれ→ときどき→いつも→いつもいつも)

土佐弁の禁止; そんなこと 言われん。 あっこは(あそこは)行かれん。 せられん。 

げに、まっこと、しょう、こじゃんと、たいちゃ、

病気; うるさい。メボー。ソロデ。イビラ。
其の他;ダンツンダ。ミテタ(死んだ)。カイサマ(に着る)。(爪を)ツム。(爪をつんで、墓へ)いれる。かーらん。かーらんにかーらん。かーるにかーらん。犬はほえる・赤ん坊がひせる・牛がほぐる(角でついてくる)。うしに「ほん」、馬に「どう」。

「猫がある」「下駄がおる」:南紀新宮
土佐:「電車がおる、おる」「この川にゃ水がおらん」「縁先に日がおるうちはまだぬくい」

 
場所の説明の方法に、例えば、床の間の右手とか、その左とかの言い方をしますが、高知では、東側とか・掛け軸の西側とかの位置付けでいう。医業福祉専門学校・6F講堂の冷房のスウィッチの表示に「南東」「南西」「北東」などとある。


出世魚:ぶり;もじ、わかな、はまち、はらじろ、こぶり、ぶり。カツオ;シンコ、ビリビリ、シマキリ、カツオ。

イワシ;生きているか新鮮なドロメ、釜から出して湯がさっと抜けたカマアゲ、これを少し干したチリメン、少し大きいカエリのはいったのをカチリ、良く干したのをジョウボシ

ヂョーク・ビッシリ・オリューシ・サイサイ。

 バッサリ 「試験のヤマがはずれてバッサリクスッタ」「バッサリ、傘を忘れた」。一般的に「バッサリ」は勢良よく切り落とすような場合に使う擬態語。高知県では、何かに失敗して「しまった」「と思ったときに「シャンシモータ」「バッタリシタ」という。取り返しのつかない事態で「バッタリシタ」または「バッタリイタ」。

ライン

環境問題へリンク
睡 蓮

土佐言葉にある温かみ、優しさ 高新2000.12.1ひろば 野田壽一(67歳高知市)
〜「おとどしゅうございます」(お久しぶりです)。「ごいされませ」(前を失礼します。または、お先に失礼しますが、ごゆっくり)。「ごねんがいりました」(どうもごていねいに)。
「大用からじゃ遠渇つろう脳。それに暑うてたまらざったのう。この暑さじゃのせんのう。足もだれつろうに」「ゆっくりさんせ、せくこたない」「汚い所じゃけんどちっくと横になって休まっしゃれや」「二人とも遠慮にゃよばん、遠慮は損慮というきのう」

三角gifTOP

しばてん音頭 http://www2s.biglobe.ne.jp/~yohta-1/sibodori.htm よりGIF拝
           
酔太様 多謝、神田小学校5年3組の土佐弁にしたしもう(神田教研・2006.12.2)で活用させて戴きました。

アイコン 項目2 高知の近代文学者
植木枝盛・中江兆民・幸徳秋水・黒岩涙香・大町桂月・田中貢太郎・馬場孤蝶・槙村浩・田中英光・岡本弥太・橋田東声・片山敏彦・上林暁・田宮寅彦・大原富枝・安岡章太郎・宮尾登美子・清岡卓行・倉橋由美子



ライン
  アイコン 項目3工事中 工事中   アイコン  アイコン
  ライン