心に残る言葉 名言V(続々) 巣箱 

 教育・文化TOP 2000年前後のメモ  前々頁(続道徳  名言 W 名言[  HOMEHOME

2006.7.19 高新 --「ときめく気持ちを忘れずに。そうすれば、新しい何かをみつけられるはず」94歳「昆虫記」絵本作家・熊田さん。 「いきいき」で検索www.e-ikiiki.net の広告;筋トレは免疫力を高め、さまざまな病気を遠ざける・つらい別れがあっても出会いがあれば喜びもある「70歳は男の旬」宇津井健さん・「苦しみに御共感することは自分の不幸への免疫力になります」桧原重明先生---。

子どもが育つ魔法の言葉・大人のいじめ対応姿勢5か条

2006.6.25 高新 「こども高知新聞」室戸市室戸中 --私は、あいさつ運動をしていて、ふと、あいさつって何だろうと疑問に思った。心と心をつなぐものかな?人を笑顔にさせるもの?などと考えて、私なりのもたえを見つけました。あいさつは「幸福のおすそわけ」ではないだろうかと。---吉田有希記者。

2006.6.14 高新 「家事をする男の作り方」(出版文化社)百世さん;--使ってはいけない言葉=だめだめ・こんなこともわからないの・ひまなんでしょ。--かんじんなのは、「お願い」して「褒める」こと---仕事終えれば「ありがとう」「たすかったわ」「頼りになるわ」---を基本に「導入期→実践期→定着期の3ステップ方式」=例:帰りにポン酢を買ってきて→レベルを上げ・料理を一品作ってもらうなど場数を踏んでもらう→たまに家事をしてくれるようになったら「自発的に」「継続的に」を目指すーーー担当分野をきめられれば、しめたもの。
同日の声ひろば;明神輝男さん(74)高知市針木;高齢者攻撃には賢明な抵抗必要--「老人福祉に金を使うのは枯れ木に水をやるもの」と本音をあけすけに語った政治家がいた---無駄を削れと医療・生活保護など福祉の現場にムチを振り続けている--喫茶店に行くことはやめた。グループツアーには行かない。付き合いは減らす、衣類は買わず--クオリティオヴライフなどとは縁を切り--所得税を払うことになったのは収入が増えたわけではない・老年者控除がなくなったからである。--選挙のときに賢明な選択をすることだ--「年寄りは早く死むで貰いたいという政治に抵抗して、元気で長生きすることだ---年寄りを大事にしない政治に、効果的な小子化対策ができるはずはない--。

第56回社会を明るくする運動(平成18年)統一標語「ふれあいと 対話が築く 明るい社会」。
「ささえあう 手と手でつくる 明るい社会」「ありがとうやさしい対話を 地域から」「どの子にも やさしさきびしさ あたたかさ」「厳しさも 君を信じる 思いやり」「更生に 愛の手つなぐ手 地域の手」「見ているよ きみのつらさも がんばりも」

「アンチエイジング(抗老化)」--経験をつむことで人生の機微や自分の限界がわかるようになる---老化を受け入れ、楽しく生きる「アクセプトエイジング(年齢相応)」をおすすめします:阪大教授石倉先生;2006.5.19高新:「教育が運命を変え、知識が富をつくり、学習が人生を充実させる」=馬燕が通学していた寧夏回族自治区の西海固地区の同心中学の玄関に掲示されている言葉

2006.5.16高新 おいでの おいでと 待つ夜は来(コ)いで 待たぬ夜に来て門(カド)に立つ 昭和54年土佐郡池澤広幸さん採話。  やせるツボ 脂肪が邪魔し 探せない。ダイエット 食費以上に金かけて サラリーマン川柳人気投票 http://www.dai-ichi-life.co.jp/
タバコ・肥満・運動不足の「三重奏」で医療費4割高;-- 9年間5万人追跡した厚労省研究班「('06.5.7)リスクに応じて負担・給付を減らすことが可能、4〜5兆円規模で影響する---」

2006.4.24高新 西塔に 東塔の影 つばくらめ 水内慶太 <季のうた> 伽藍配置で塔が両方に双塔としてあるのは薬師寺、右に東塔・左に西塔、朝日に映えて西塔にまで影を長くのばしている、夏鳥のつばめは春にに渡来し好んで高層の建物に巣をつくる(村上護)。「失敗は成功のもと」「艱難汝を玉にす」「病気・リストラ、加齢・事業の失敗---足を踏まれてみてその痛さを初めて知る痛さ--秋庭道博」。微女;美女ではない、淑女でもない。熟女とよばれるようなイロケとも無縁の私たち、「微女と書いてビジョ・ほんのり笑みをたたえたイメージ、また微かに女--家にいても口紅だけは必ず引く、外出時にはブラジャーをつける、夫の前ではおならをしない、<心身ともに美しくありたいという気持ちが多少残っているおばさんを言う>微女。私は女性ホルモンがわずかになった人という印象を受けるなあ新呼称;宮崎由美(作家・室戸出身)

「変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない」ルキン・ビスコンティ監督、映画「山猫」の公爵のせりふ」(2006、民主党小沢代表のキーワード)

オアシス オ お早うございます、ア 有難うございます、シ 失礼いたしました、ス すみません。さらに、オ は、お疲れ様、おやすみなさいませ、

人の二倍、三倍の時間をかけて努力すれば、必ず追いつき、追い越せる(パスツール)。自分の心に恥じない生き方を(上杉謙信)。一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られる(豊臣秀吉)。夢を持つと、苦しみを乗り越える力がわいてくる(シュリーマン)。木村耕一 編著「心の朝」一万年堂発行;たった一つの教訓で、もっと明るく生きられる

2006.4.13 高新 教育基本法改正案:与党案固まる:愛国心=伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し国際社会の平和と発展に寄与する態度(⇔心)を養う。自他の敬愛と協力 → 正義と責任・自他の敬愛と協力、公共の精神にも続き社会の発展に寄与。新たに;学校生活に必要な規律・保護者の務め=必要な習慣・自立心の育成。学校・家庭・地域の連携。教員の使命 全体の奉仕者 → 崇高な使命自覚・研究と修養に励み--。教育は不当な支配に服することなく →教育行政は--。
「悪いところを直すより、長所を伸ばせ」高新'06.4.10、11面 執筆者=(辺)。2006.5.27・28高新 文科相;愛国心の評価=相対的に評価;国を愛することだけに限定せず、教育の目標として明記する「伝統と文化について進んで調べ、学んだことを生活に・わが国の発展に、自分としてなにが出来るのか、「生かそうとする関心・意欲・態度、を総合的に評価」する考えを発表した--。

                                熊本市大江の喫茶店「ふらっと」で、憲法9条全文を焼き付けた「9条せんべい」が人気を呼んでいる。1袋5枚入り(200円)で一枚一枚に条文が記されている。仙台市の老舗せんべいメーカーが注文生産しているものを昨年から取り寄せ、カウンターで販売。

憲法記念日に限らず、「味が良い」と通年の人気商品となっている。買い求める人といつも憲法論議とはいかないが「身近に感じてほしい」とマスターの尾方博さん。

護憲派も改憲派も子供たちの幸せを考えているのは同じ」と味な一言も忘れなかった。



高知県教職員退職互助部「友の便り 第9号」 <森下幸男>この秋は 雨か嵐か 知らねども 今日のつとめの 田草とるなり;二宮尊徳。<松岡忠徳>年寄り転ぶな風邪ひくなくよくよするな。<小松元邦>老人会で聞いた話であるが、これからの生活はカ、キ、ク、ケ、コだって。感動、興味、工夫、健康、恋と当てはめて、このうち一つ以上満たされる項目があれば望みがかなうとのことである--。<吉次敏明>病や障害を抱えた高齢者の介護課題は山積している。癒しの問題はその最たるものである。人は不安感・絶望感に襲われるとき、大切にされ、癒され、尊敬ればならない。心のケアが必至であるが現実には不十分だ---。

畏友 森國夫校長先生の式辞より 「夢ある人」 夢ある人に目標有り 目標ある人に計画あり 計画ある人に実行あり 実行ある人に成果あり 成果ある人に幸せあり 幸せある人にロマンあり ロマンある人に夢あり

裏を見せ 表を見せて 散る紅葉 (良寛)  形見とてなにか残さん 春は花 夏ホトトギス 秋の紅葉葉。   春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬 行きさえて 涼しかりけり。 春のどか 闘志 抱きて おかに立つ(虚子)だって。

2006年1月20日の金曜日、通常国会の初日・小泉首相の最後となる施政方針演説--『-1万字---約40分---チャップリンでしたか、映画ライムライトの中で、「人生において大事なことは、夢と勇気とサム・マネー(*)」と言っています。いい言葉だと思います。みんな、夢と希望を持って、あとはビッグ・マネーでなくてもよい、生活できて時々少しは楽しみの持てるサム・マネーがあればよい。そういうことが大切だという気持ちで演説の想を練りました。---結びでは、幕末の志士、吉田松陰の「志士は溝壑(こうがく)に在るを忘れず」という言葉を紹介しました。これは私が学生時代に読んで感銘を受けた言葉ですが、難しい言葉です。特に、溝や谷という意味の「溝壑(こうがく)」という言葉は、知らない人が多いと思います。幕末の時代、国のため、明治維新のため、改革のために奔走する志士たちに対し、吉田松陰は、「志を遂げるためには、たとえ自らの屍(しかばね)を溝や谷にさらそうとも構わないという気持ちで国事に臨まなくてはならない」という覚悟が必要なことを説きました。すべての国会議員に、こういう志をもって国事に当たってもらいたい、改革を進めてもらいたいという気持ちをこめて、そして、自分にもそう言い聞かせる気持ちで、これを結びの言葉にいたしました。---残された任期いっぱい、一身を投げ出して----』。

---それは特定の指導者すらいない運動であった。著者は以下に述べている。世界中にこだました自由の叫びの興奮を残しベルリンの壁は崩壊した
平和を祈る民衆の声が届いたのだ(フィリップ・トウォーター『光の彼方へ』)--

啓蒙とは、人間が自分の未成年状態から抜け出ることである 「啓蒙とは何か」カント 2005.12.12高新 今日の言葉 秋庭道博さん--大人になるには、二つの条件を満たすことだ。一つは、自分を客観的にみることができるようになること。もう一つは、自分とそれ以外の人との関係についても、客観的に認識し、行動できるようになることだ。---たとえば、携帯の使用が禁止されているところで携帯を使っている人を批判するくせに、自分に電話がかかってくると、えんえんと話をするのだ。また、バスに乗るのに小銭が必要だとわかっているのに、乗ってから財布を捜したりするひともある。--このような人たちに、どうしたらお互いに楽しく、スムーズに生きることができるかを教えることであろう--。秋庭さん2006.1.23--人生のコツは二つある、それはコツコツなのである--
同じく秋庭さまの解説で;落馬した人を見て、馬がクスクス笑ったなどという話は聞いたことがない「対話する生と死」河合隼雄;動物の表情から、悲しみや怒りや痛みなどを推察することはできるが、笑っている姿を見ることも感じることもない。つまり、「笑う」という行為は人間だけに見られるものだ。--大笑、微笑、苦笑、哄笑、嘲笑、冷笑---馬鹿笑い、ふくみ笑い、高笑い、泣き笑い、ほくそ笑む、鼻先で笑う---談笑したり、笑い話を楽しんだり--そんななかで、だれからも歓迎されるのは笑顔であろう--。

2006.2.22NHK --友達が出来ない--「でも」「やっぱ」「だけど」(などの言葉を)を使わない

100☆◇人は泣くときシクシクと泣く 人は笑うときハッハッと笑う シクは「4×9=36」 ハッハッは「8×8=64」 「36+64=100」
人は悲しいことが36回あって 嬉しいことが64回あるって 決まっているのだ 

加田屋(高知市上町)2006カレンダー「標語 」睦月;美しい笑いは 家の中の太陽である。如月;人生は真剣勝負 其のヒその日が本番である。弥生;勤めても勤めても勤めたらぬは勤めなりけり。卯月;決して倒れないことよりも倒れたらすぐ起き上がる事が尊い。皐月;一度信用を得ば 進路はおのずから開けん。水無月;降伏は一方より来たり 不幸は八方より来る。文月;人の礼法あるは 水の堤防あるが如し。葉月;心痛める時は富は悲しき慰めにすぎない。長月;手を働かせる前に頭を働かせよ。神無月;病んでのち健康の価値を知る。霜月;一番短い答えが一番良い答え。師走;怒りの発するときは後悔の始めである。」

「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」山本五十六

「天上影はかわらねど 栄枯はうつる世のすがた---」名曲『荒城の月』豊後竹田の岡城址をたずね--ながはら様・生命の光638号05.11.1--天正14年薩摩の島津義弘勢(3万5千)の降伏をすすめる使者に対し、岡城主滋親次(洗礼名ドン・パウロ、天正の楠木正成)は「危難に臨んで、忠を忘れ、節を曲げるは人の道にあらず、義は千載不朽、死して君恩を九泉の下に奉ずるばかりなり」と伝える、領内には8,000人のキリシタンがいた--同誌同氏

2005.11.9 高新 きょうの言葉 秋庭道博 <信仰によって、人は謙虚になるわけです『無常』と『因果』の間で 山折哲雄> 個人の能力や努力が発揮できる場や人間関係などは、個人の力だけでつくりだされたものではないのだ。そのことに気付き、そういう力をなんらかの意味で認めることが信仰につながっていくことになる。---謙虚とは勝っているときにも自分以外の力に感謝する心を失わないことであろう。2006.2 1日生きることは、一歩進むことでありたい 湯川秀樹を引用。

「やまもも第19集」山本次郎<中村市竹島小1年>おかあさんに、「どっかへいこう」と いったら、「きょうは、つかれているから いや」tぴった。ぼくが、「どこでも ええけん いこう」と いったら、「じゃあ はいしゃさんに いこう」と
 いった。ぼくは びっくりして、「まっと ちがうとこ」と いったら、「じゃあ、めいしゃさんに しようか」と、いった。もう ぼくは あたまにきた。

2005.10.16 高新 教育現場で理不尽な質問「給食で”ごちそうさま”強制なぜ?」;---保護者に対し子育てへのねぎらいが必要と指摘したうえで、給食を作ってくれた人や食材への感謝の気持ちを養う言葉であるじょとを伝えよう!(全国学校飼育動物研究会の女性)。--食事によって命を引き継いでいくことを「ごちそうさま」の言葉を通じて教えたい!(茶道師範でもある大学講師)。---「馳走」と書き、準備に走り回ることから立派な料理を意味するようになったという説明が有効!(福祉系大学講師)。---「学校なんて行かなくても困らない」不登校を問題視しない言い分に、不登校は「ニート」の予備軍でもあり社会的な損失との認識がひつよう!(北海道の中学教師)。---「先生なら、それも給料のうちだろ」については、「あなたにお金より大切で尊いものがあることを教えるのが私の仕事サラリトと伝える!(しいが他見の小学教師)。月刊教育誌「学校マネジメント」(明治図書)10月号。

2005.9.26高新 --現行憲法---極端に言えば、日本の石油輸送船が海賊に襲撃されたからといって、直ぐに派兵はできない。それは仕方がないと思ったほうが良い--例えばミサイルが飛んできて外敵が非道な事をしたのだから、何で直ぐ派兵しないのかという要求が国民から出てきた場合に、明確な規制を国家原理の中に持っていないといけない---松本健一さん。首相の靖国参拝に中国、韓国の批判も一段と(今年は20005年=60年目;この註はHP作成者)激しさを増しています。しかしA級戦犯を分祀したらいいのではないかとか、まるで中国などから批判さえ受けなければ(首相参拝)問題がないかのような雰囲気がある--高橋哲哉さん)。


若山牧水 2005年/生誕120年 しらたまの 歯にしみほとる 秋の夜の 酒はしずかに 飲むべかりけり(延岡・九州保健福祉大学の青春の散歩道に歌碑17基)、けふもまた こころの鉦を うち鳴らし 打ちならしつつ あくがれて行く(牧水;延岡市のむかばき少年自然の家に歌碑)

 カレンダー年齢に左右されず夢があるならそれに向かうべきだ(史上最高年齢宇宙飛行士ジョン・グレン)


「私の教職メモ ー終わりの七年ー」(平成17年4月23日発行非売品)志磨村幹人さん、から抜粋転載 --- また、「我以外皆我師」を「座右の銘」にしたのは作家の吉川英治です。吉川英治は『新・平家物語』や『宮元武蔵』などで代表された大衆小説を数多く残された方です。尋常小学校中退という厳しい環境に負けることなく、文化章まで受章されました。この「我以外皆師」という言葉は、周囲にあるすべてのものから教えを受け、学んでいくという謙虚な姿勢で生きていけば、おのずと道は開かれるとの教えです。要は、自分の周りから学びとる事柄はたくさんあるのです。これからの皆さんが歩んで行かれる社会は学校そのものであります---- 44P〜46P --交通安全講話(朝礼)--全力疾走は25キロほどになりますか--。全力疾走であれば死にます。だからヘルメットの着用は大切なのです。しかし、ヘルメットも万全ではありません。激突すればダメです。スピードが出すぎているとダメです。ヘルメットは激突ではなく、擦っていくときに効果がでます。だから、ヘルメットのベルトはしっかり結んでいなくてはなりません。レーサーはヘルメットを大切に取り扱うそうです。そして軽度といえども一度事故にあったヘルメットは決して使わないとのことです。少しでも凸凹があれば、うまく滑らずきけんだからだそうです。---フライ級世界チャンピオンのボクサーが事故死しました。ボクシングではよく「眼がいい」言います。視力がいいのではなく、相手の動きを予測して機敏に対応できることを言います。---相当スピードを出しすぎており---相手のパンチをかわすように、クルマの危険をかわせず、事故死を招いたのです。皆さんは若く、動きも俊敏です。しかし、---対向車の動きまでは測り知れません---相手が悪いのでも、車が悪いのでもありません。日ごろの気落持ちの持ち方が大切なのです---。開校23年目の春を迎えた---高知東高校着任のご挨拶(PTA会報「東」84号)---創立10周年記念誌には「立志」とは「自らの目標を定め、情熱をもって限りなく前進する」と解説され--「やる気」であり、「高校3年間に精神の情熱を傾注して完全燃焼すること」---。始業式では、以下の3点をあげて話しました。一つは、社会は「健康で 明るく 挨拶のできる人間」を求めており、それに答えうる自分を目指して---二つには、学び続ける姿勢の大切さ--未知の世界にチャレンジすること--、三つはには健康管理---。環境美化への取り組み--暗い・汚い箇所の一掃、視覚に優しい癒すの部分を設置する校内美化--。 65頁--前年(中村高校)野球部が甲子園で準優勝したことから(大手会社からの求職・応募依頼)があり---生徒一人一人が自分の将来を考えて勉強や部活動に頑張る事は、本人だけではなく、このように友人にとっても良い結果をもたらすのです。(嘗ての勤務校の20周年に参加して、当時の生徒二に出逢う)平成11年9月。70-。総合学科--自由に選択できる科目をたくさん設けているのは、個々の生徒の能力や適正に対応するためです。---自分の興味や関心のある授業を多く受けたい人、いろんな分野に触れ、自分の可能性を試したい人、就職前に専門知識や技術を少しでもミニつけておきたい人、大学で学びたい分野の基礎的な知識や技術を学習しておきたい人---時間割の編成は新しいユニット表の公安を含め順調--設定科目で最初に決定を見たのが、「人権概論」と「環境概論」でした---。    工事中2005.8.21


2005.8. ありがとうございますノートから 正しい祈りは、本心の心でする祈り・謙虚な心でする・素直な心でする・感謝の心でする・明るい心でする・喜びの心でする・愛(一体感)の心でする・幸せな心でする・安らぎの心でする・光の心でする :@感謝する、A底抜けに明るく、B楽天的・楽観的に、C喜び勇んで、D徹底したプラス思考で、E前進!前進!、Fどこまでも謙虚で、G神様に素直で、H全体に気配りを、I前世金を負う、J真剣に、K全力を尽くす、L限界を破る、Mスピード化、N能力を高める、O働きを大きくする、P与え尽くす、Q仲良く助け合い・補い合う、R調和を図る、S新たに!新たに


2005.7.28 高新(投稿)あけぼの 米沢信子さん(79) --- 八十路の近い人生の山道は、かなり厳しくなってきた。三分の不安と、五分の覚悟をしているが、後の二分は、きぅと幸せがあるだろうと期待しよう。何しろ老人になるのは始めての経験だからです。


平成17年間標語 小さな危険 あなたが発見 みんなで改善 職場の安全


2005.7.25高新 おじさん図鑑;飛鳥圭介さん(エッセイスト);辞書で遊ぶ;---「俗人」『新明解国語辞典(第4版・三省堂)』[(一高遠な理想を持たず、すべての人を金持ちと貧乏人、知名な人とそうでない人とに分け、自分は何とかして前者になりたいと、そればかりを人生の目標にして・暮らす(努力する)人。(二)天下国家の問題、人生いかに生きるべきかということに関心が無く、人のうわさや異性の話ばかりする人。(三)高尚な趣味や芸術などに感心を持たない人].今年改訂された同辞書の第六版にはこうある[(一)高遠な理想を実現させるためにはずべてを犠牲にしても惜しくはないなどといった考えは持たず)世間的な立身出世にあこがれたり、自分の家族の幸福を願ったりして生きる、ごくありふれた常識感覚をミニつけている人--- ]---。

正しい挨拶は正しい姿勢に始まる「洗練された男の作法」山崎武也

指針・戒め・現代の家訓募集;2005.6.28:AIGスター生命;KUN2005事務局;http://www.cybersafty.go.jp

アオキ(大阪市、世界最小のボーイング社認定工場)「出来る できる 必ず出きる やる気があれば必ず出きる 出来ないと思えば出来ない 出来ないと考えずできると信じ 永遠に自分は進歩したい 出きる 出きる 必ずできる 青木豊彦」「できんかったらすぐ『もうええ』と言わずに辛抱強くな」「できあがったブツ(物)が勝負や。これが自分のベストやと、自分で線を引いたら、そこで職人として終わり」2005.6.21高新5面

4こま漫画 きんこん土佐日記(村岡マサヒロ)子どもとおばあちゃんの対話;1コマめ「なにしゆうが?」「外をみゆうが」。2コマ目「なんか しみじみするねえ」「えっ」。3コマ目「こんな小さい子でもわかるがやねえ」「この なんともいえん感覚が」。4コマ目「雨が多いき 仕方ないけどねぇ」「このしっけ」「そりゃ 「じめじめ」やが!。2005.6.17高新7面


あせらず おこらず あきらめず」 美空ひばり<森光子談;2005.6.9TV高知17回忌ひばり特集>


『禍福はあざなえる縄の如し』。
「---かく思う事叶わぬあり、思う叶う(かなう)あり--至道無難」 ;仏教で四苦というのは「生苦・老苦・病苦・死苦(しょうろうびょうしく)」のことだが、八苦とは、これに「愛別離苦・怨憎会苦・具不得苦・五陰盛苦あいべつりく・おんぞうえく・ぐふとくく・ごおんじょうく」が加わる。---愛するもの同士が別れる苦しみ・憎み合うものが出会う苦しみ・もとめるものを得ることができない苦しみ・精神や物質に関連したさまざまな苦しみに囲まれている-というわけ--そんなさまざまな苦を乗り越えて生きるのが、人生というものである---;2005.5.23高新きょうの言葉;.2006.2.21 1日生きることは、一歩進むことでありたい 湯川秀樹;秋葉道博

上に交わりて諂(へつら)わず、下にまじわりてて驕(おご)らずすなわちもって為すことあるべし「法言」揚雄(53〜18BC前漢末の思想家);2005.5.16高新今日の言葉;フィフティフィフティなのだ--下請会社で仕事をしてくれる人がいなかったら注文をだす会社はなりたたない---部下が居てこその上司---監督官庁だけで監督官庁が存在できるわけではない; 秋葉道博

処世の要道「30条・島津源蔵<創業記念資料館>京都木屋町2条」高新2005.4.18の11面コーヒーブレーク(斤)--「事業に邪魔になる人」「家庭を滅ぼす人」を欠く15項目あげている--たとえば”邪魔になる人”は仕事を明日に延ばす人---、注意を怠り知識を磨かぬ人---。”滅ぼす人”は秩序を守らぬ人---。この30条を理解し実行する者は周囲から尊敬され、無くてはならない人になる。そうでない者は、必ず一身一家を破滅のふちに陥れる、と。---。

私たちは鳥のように空を飛び、魚のよう に海を泳ぐことができる。しかし、兄弟のごとく共に、この大地を歩むという簡単な ことをまだ学べずにいる。−キング牧師ー *


2005.4.11高新 作家 落合恵子氏 --- 個人が個人として生きてゆく上で解き放たれなければならない四本の柱が社会にある。レイシズム(人種差別)、セクシズム(性差別)、エイジズム(年齢差別)、エイベリズム(健常者中心主義)の四つだ。--- 「婚外子」「女は若いほうが良い」;いかなる努力でも越えられない条件で選別する社会感覚--- 。人権とは「可能な限り」誰の足も踏まない事、誰にも自分の足を踏ませないこと。ーストラリアの「マザーズ・ドーターズ・ワイブズ(母たち娘たち・妻たち)という歌」---小さい時父を戦場に失い・20年後夫を戦場で失い・また20数年後息子を戦場に送り、3人とも帰ってもなかったという女性の曲だ。。−−−。ジエンダー(社会的・文化的に作られた性差)の視点からは戦争も違った姿になる---いま必要な視点は、中心の声ではない「アザーボイシズ(周辺の声)」にどこまで近づく事が出来るかだ---ジャーナリズムの中立という言葉にも疑問がある。---一色になるのが民主主義の反対方向なら「いろいろな声」は憲法を考えるうえでも大切だ。


こども高知新聞 2005.3.27 お母さんはネコがきらいだそうです。理由を聞くと、「ねずみ年やきよ」と答えます。でもそれは理由にはならないと思います。だって、私はとり年だけどネコが大好きだからです。2月20日はネコの日でした。新聞にもニャンニャンでネコの日と書いてありました---窪川町河野由夏記者。
人に喜んでもらえるのがこんなにうれしいことなんだと、班長を経験して初めて知りました。---津野町森部真梨菜記者。

天王予備校(浪人生大学受験講座)ちらし(2005.3.22高知新聞折込)より;---今のやる気を強制的に持続させる--小テストと暗記重視(確実に成績が上がる)。--福家さん;「倒れるまで勉強やってね(これは予備校の武西先生の言葉です)で覚悟が決まりました。受験は大変だけど<このしんどさも長い人生の一瞬だから>(大好きなバンドさんにもらった言葉です)頑張ってください」--。


くもん出版 未来を拓く君たちへ 「悔いのない人生」「満たされた人生」「香りある人生」「大いなる人生」「成長し続ける人生」なぜ、われわれは「志」を抱いて生きるのか---2005.3.20


-- 生命とは生きる時間のことなんだから、その時間を自分のためにどう使うのか。人のためにどう使うのかが、生きるということになる。生きて、自分で何ができるのか。何が出来たのか。---


道灌山学園 高橋系吾校長 やまびこの学校より;ほめられて 笑顔の出ない子は居ない 食事育てに 大切なこと。父母やらず 子どもにいくら 求めても やるわけはなし 手本にならず。幼児期に はしの持ち方 上手なら 生涯はしは 正しく持てる。食前と 食後の時の あいさつは 子どもにさせて 父母は従う。テレビけし みんな一緒に 挨拶し おいしいと言い 楽しく食事(2005.2.5 全私学新聞)

穀無きにあらず、耕さざるが故なり 「この秋は雨か風かは知らねども/きょうのつとめの田草取るなり」二宮 尊徳 (秋庭道博・高新のきょうの言葉より=努力しないで、「困った、困った」と言っているだけでは、好ましい結果は、決してやってこない---「むずかしい」「わからない」といっていないで、努力しないことには、始まらない。---セールスに出て、「売れない」とあきらめてしまえば、その時点から先は、売れる可能性はなくなるのだ---

2003.4.16高新 高野優 ランドセル いよいよあすは上の子にとって、保育園に通う最後の日となった。---夕方、娘はお世話になった先生にお手紙を書いていたーーー「んー、これでいいか・・・」なんて一丁前にブツブツとつぶやきながら。---「いままでありがとうございまつ。こえから いもうとおよろしくおねがいもうしあげんです。4さいとゆいましても まだまだおしっこたれのあかんぼです。でもかわゆくおりこうさんだので やさしくしてあげてくんさい。なみだがでるまでおこってわいけませんよ。おしっこたれたときは あれっとゆうかおおするといいです。せんせえ おげんきで」お別れのあいさつだとばかり思っていたので驚いた。6歳のお姉ちゃんは、小さいなりに保育園に残す泣き虫の妹を心配していたらしいーーー。


2005.1.28高新 所感雑感より 日本の医療制度崩壊を危惧 中村市立病院長 曽我部紘一郎 さん ---最近立て続けに外国在住の日本人が来院したーーー南ドイツに住む古くからの友人--顔がゆがみ家庭医に電話し「二日後に受信するよう」指示され」--「放射線科の病院で写真をとってこい」で、さらに2日、−−耳鼻科を紹介され・それがさらに2日後、顔のゆがみいはますますひどくなる---日本行きの飛行機に--こちらでは受診と同時に治療が始まったのは言うまでもない。もう一人はアメリカ、ロスの病院--「MRI検査が必要」予約2ヶ月先--費用は10万円、手術になると数百万円が必要と告げられ---日本に帰ってきた---費用はアメリカの数分の----カナダ・オタワに住むカナダ人の友人からメール--血便〜通院受診--大腸検査は6週間先(に実施)--大腸ガンがみつかり--(順番だから)2ヶ月先まで手術はできない--赤ひげの時代の日本には医者と患者の暖かい心のつながりがあった。--アメリカ医療の--経済性と効率性を追求しはじめたところから、日本の医療はおかしくなった。私は近く現役を引退するが--。


ある会社の入社式の訓示にこういうお話がありました。「前向きに-----と切り出します。「前向きに、明るく逃げず、知ったかぶりはせず、すぐやる。かならずやる。出来るまでやる!」。


(幼児から大人まで遊び心で問答式、クイズ形式で行う)やまびこ学校全私学新聞、平成15年8月3日
1、お話を聞くときは「相手の目を見てしっかり聞きます」。2、返事、挨拶は「大きな声ではっきり言います」3、お世話になったときは「有難うございました」。4、姿勢は「胸をはり背筋をのばします」。5、歩くときは「胸をはりさっさと歩きます」。6、家へ上がるときは「履物をそろえます」。7、話し合いは「相手の話を聞いてから話します」。8、食事のときは「口の中の食べ物が無くなってから話します」。9、お辞儀は「丁寧に行います」。10、おやつは「食事前には食べません」。11、言葉は「わるい言葉は使いません」
生活のきまり1、お話は 静かに聴きます。2、廊下は 決してはしりません。3、履物は きれいにそろえます。4、友達は 仲良く遊びます。5、手は 良く洗います。6、お手伝いは すぐやります。7、あさの挨拶は おはようございます。昼の挨拶は こんにちは。夜の挨拶は こんばんは。8、あけた戸は すぐ閉めます。9、遊んだ後は 片付けます。


平成16年度高知県高校生就職フェア(第6回)11月4日(職安主催)に参加企業31事業所からのアンケート集計より(資料P4)どのような生徒を採用したいと考えていますか?・積極的な方。・明るく、やさしい子。・根気のある子。・明るい方。・クラブ活動をされていた方。・正直な方。・前向きな方。・休まず、めげず、根性のある生徒。・働きたい人・\まじめな人。・明朗闊達で忍耐強い生徒。・明るく積極的な考え方のできる人。・やる気と体力のある人。・明るく元気、ハキハキしている。・やるきのある生徒。・明るく元気、素直な生徒。・遅刻相対欠席のない責任感のある誠実な生徒。・前向きに何事も取り組める生徒。・仕事に対し』積極。・自分の考えを持っている。・明るい人・体育系・活発な人。・物事を前向きに捉え、チxタレンジできる人。自分の意思を持っている子。


日めくりカレンダー(平成16年10月10日第1刷のもの)1万年堂出版 光に向かってこころの花束 www.10000nen.com/
書;木村泰山 1日 呼べば呼ぶ呼ばねば呼ばぬ山彦ぞまず笑顔せよみな笑顔する。2日 ひとの行くウラに道有り花の山。3日 かんしゃくのくの字を捨ててただ感謝。4日 散るときが浮かぶときなり蓮の花。5日 カメなりとたゆまなければウサギ越ゆ。6日 省(かえり)みよ日に幾度も省みよ欲と怒りの絶え間なければ。7日 こころこそ心まよわす心なれ心に心こころゆるすな。8日 ただ見れば何の苦もなき水鳥の足にひまなきわが思いかな。9日 謗る(そしる)まじたとえ咎(とが)ある人なりと我が過ちはそれに勝れり(まされり)。10日 仕方なや蒔いたタネなら生えるもの。11日 負けている人を弱しと思うなよ忍ぶ心の強きゆえなり。12日 身の垢は浮世の水で洗えども心の垢はなんでおとさん。13日 散る桜残る桜も散る桜。14日 このざまで善果こぬとはふざけてる。15日 なぜやめぬ怨み呪え(うらみのろえ)ば身の破滅。16日 欲のまま闇に走れば地獄なり。17日 さだめなき風にまかせて散る花を花とばかりに思い眺むる。18日 泣くも夢笑うも夢ぞ人の世は限りある身に限りなき欲。19日 波の声聞くが嫌さに山家(やまが)に住めばまた松風(まつかぜ)の声がする。20日 正(せい)も邪(じゃ)も勝手に決めるわが都合。21日 恐ろしやたゆまぬ歩みかたつむり。22日 掃けば(はけば)散る掃かねばなおもよりつもる庭のもみじもおのが心も。23日 狂いなく因果の理法鮮やかなり(あざやかなり)。24日 徳は元(もと)財は末(すえ)なり徳つめば金(かね)は自由のなるものと知れ。25日 越えなばと思いし峰に来てみればなお行く先は山路(やまじ)なりけり。26日 慈悲蒔けば愁苦(しゅうく)の悩み遁れ(のがれ)去る。27日 夢の世に夢みてくらす夢人が夢ものがたりするも夢かな。28日 あれを見よみやまの桜咲きにけり真心(まごころ)つくせ人しらずとも。29日 おごるなよ月の丸さはただ一度。30日 下がるほど人の見上げる藤の花。31日 実る(みのる)ほど頭(あたま)の下がる稲穂(いなほ)かな。
信用は巨万の財産である。 儲かるという字は、”信用ある者”ではないか。(『光に向かって100の花束』第30話より 1万年堂出版)


「出来ることでもできぬと思えば出来ぬ。できぬと思えても、できると信ずるがために出来ることがある」三宅雪嶺;秋庭道博さんの2005.1.11高新18面より引用--夢と希望をすてないこと--あきらめないこと---

目配り 気配り 心配り KKフジ(2005.1.1高新)

限りある命だから、命の限り踊れ、暮れてなお命の限り蝉時雨、女と辛子は燃えるだけ良い--中曽根元首相、さて3年程前・2001年頃?・中央政界人70歳定年?の話題の頃?

自分なりの人生をたいせつに生きていけたならば、うれしいことではないかと感じています---紀宮様02年4月33歳。

「---山河を荒らして経済を破壊し、法律を乱用して健保を破壊し、転地の公道を無視して人道を破壊する。そして、人類の滅亡を省みない---」田中正造

加田屋商店(高知市)2005年カレンダー標語 1月;親子夫婦の愛こそ第一の道である。2月;人の一生に厄年はない、躍進の「やく」を考えよう。3月;姿かたちをまねるよりその人柄の良さを学ぼう。4月;真心から行う善事は美しく飾られた善事はみにくい。5月;心に悦びをたたえていると自然に人が近づいて来る。6月;感動は前進、満足は後退。7月;子供を見て批判するより自己反省に心をむけよう。8月;もっとも大きな苦痛は人に話せない苦痛である。9月賢い言葉は賢い行いに負ける。10月;一番短い答えが一番よい答え。11月;幼い子どもは頭痛を与えるが成長すると心痛を与える。12月;夫婦がひとつになってした事は何事も良い結果を生む。

---これから坂(老いのさか)をどう進んでゆくのか、登りつめたらどのように下るのか。経験のない道だが、忘れ得ぬ人たちをお手本にして進んで行こうと思う。そうすれば「しんどい坂もまた楽し」の道になってくれるのではないか少し安心している。2004.1.26新・第13回大原富枝賞一般・随筆部門最優秀賞「遠ざかる背中から;都築悦子さん」。

2004.11.23高新の16頁・水先案内より、マザーテレサ愛と祈りの言葉/PHP文庫;山本小月さん説明;「わざわざカルカッタまで来なくとも、あなたがたの”周辺のカルカッタで働く人になってください」「今や、皆が忙しそうにしています。ほかの人に与える時間がないみたいです。親は子に、子は親に。そして夫婦同士。せかいの平和はまず課程の平和から始まります」---江原啓之さんの言葉を紹介している「ところで、家の中で、空爆をしかけていませんか。なにか言われるとチェッとなんて、足でドアを閉めたりしていませんか」--

2004.11.10高知新聞の声の広場に、高岡郡ゆず原町竹の藪の松田大仁(まさひと)さん・小学生10歳の書いた随筆が掲載されました。「あいさつは元気のもと」というテーマでです。
---集団登下校では「車に気をつけて帰りましょう、人にあったら、きちんと挨拶をしましょう」という声がけをして、人に合う時は、班長が大きい声ですぐに挨拶します。だから下級生もまねをして挨拶をしますーーー挨拶は不思議な力をもっています。元気になります。嬉しくなります。挨拶すると心があたたかくなります。挨拶は人の心をいやします。外国の人とも「こんにちは」「ハロー」だけで仲よくなれます。すごい力をもっているなーと思いましたーーー今の1年生は元気が良くて挨拶や返事がようできますーーー元気な歌声が聞こえてくると、僕も元気になります。朝起きたら、元気に「おはよう」といいます。父さんも母さんも「おはよう」といいます。妹のマリアはねぼけています。朝元気に「おはよう」が言えると目がすっきりします。元気にいえないと一日中ボーっとしています。やっぱり、挨拶は元気の元だと思いました。これからも、人に合ったら進んで元気に挨拶をしたいと思います---

     名言 W