全国一般大阪地方労働組合
青年部

全国一般とは
 全国一般合同労組連絡協議会は、第2回大会(1956年8月)で「全国一般合同労組協議会」に、第4回大会(1958年7月)に「全国一般合同労働組合連合会」と名称変更するとともに総評加盟を決定した。さらに、第6回大会(1960年6月)で名称を「総評・全国一般労働組合」として個人加盟の単一労働組合とし、各地方組織を地方本部とすることを決定した。 その後1988年8月の第42回大会で連合に加盟し、1989年総評解散にともない、名称を「全国一般労働組合」と変更した。
 そして、全国一般は、2005年12月19日の第60回臨時大会をもって自治労(全日本自治団体労働組合)との組織統合を決定し、2006年1月1日より自治労内の職能組織として全国一般評議会を構成し自治労の一員として活動している。
 労働相談ネットワーク 
全国一般とはこんな労働組合です          
      私たちと一緒に仲間作りを始めませんか
 その1  ひとり一人が加入する職域をこえた合同労組です
 その2  どんな業種の人でも加入できます
 その3  経験をつんだ専門家が一緒に解決をはかります
 その4  各県ごとの単一組織だから交渉できます
 その5  政策・制度の問題にも積極的に取組んでいます
 職場に組合がなくても一人ひとりが加入することが原則できます。正社員だけでなく、パート、派遣、嘱託、契約社員など雇用形態に関係なく誰でも加入できます。
 一人で加入しても、職場で仲間づくりをすすめ、さらには自分の職場だけではなく、同じ地域で働く人たちと団結することにより仲間を増やし、ともに雇用を守り労働条件改善をすすめています。 
全国一般評議会の特徴は他の労働組合と違い、特定の産業・業種に限定せず、他業種にまたがって加入できます。
製造業だけでなく、運輸、卸・小売、自動車教習所、ゴルフ場、福祉・医療、ビルメンテナンス、その他サービス産業に働く人が加入しています。
 長引く不況のなかで、中小企業の倒産が増加し、法で決められた最低基準である労働基準法さえ守ろうとしない経営者が増えています。賃金のカットや解雇されるなど、労働条件の改悪が横行しています。このような問題に相談者と一緒になって経験をつんだ全国一般評議会が解決にあたっています。
 また、相談を受けた場合、相談内容が外部に漏れることはありません。安心して相談してください。 
 全国一般評議会の特徴は他の労働組合と違い、特定の産業・業種に限定せず、他業種にまたがって加入できます。
 製造業だけでなく、運輸、卸・小売、自動車教習所、ゴルフ場、福祉・医療、ビルメンテナンス、 その他サービス産業に働く人が加入しています。
 これまで労働基準法や労働者派遣法など法律の改正にあたって、中小企業や組合のない職場で働く労働者の実態を踏まえて、政府や国会に改善を求めて活動しています。さらに産業政策や倒産問題などについても、政党や連合と協力して、解決にあたっています。
 このページのトップへもどる
 全国一般大阪地方労働組合はこんな組合です
 大阪においては、1951年2月9日、総評大阪地方協議会(大阪総評)が結成されます。
 そして1959年、すでに全国一般組織並びに大阪総評に加盟していた中小三単産=大阪一般労連、大阪中小企業労連、大阪商業労連(1955年10月結成)は、大阪総評の産別整理方針にもとづく指導のもと、共同行動を行うのと併行して統一準備をすすめ、組織統合を実現し、総評全国一般合同労働組合大阪地方連合会(総評全国一般大阪地連)結成大会を開催し、組織人員一万人超の全国一般最大の地方組織として結成された。
 しかし、総評全国一般大阪地連は1960年11月の第二回大会において、安保闘争の高揚のなか、運動方針・争議指導、政党支持問題等をめぐり対立を深めて分裂し、社会党を支持する労組を中心に、総評全国一般労働組合大阪地方本部が結成された。(総評全国一般大阪地連の分裂後、大阪総評は「全国一般連絡会議」や「大阪一般共闘会議」を結成して両組織の統一をめざして指導を行ったが、1964年春闘における四・一七公労協ストに対する共産党のスト反対声明(四・八声明)によって両組織間の対立は激化し、再統一への作業は進展せず、大阪に二つの全国一般地方組織が存続することになった。
 その後、1984年9月、全国一般大阪地本は第二五回大会で争議指導めぐる問題と役員選出をめぐり大会が紛糾・流会し、これを機に翌1985年3月6日、事実上の分裂をした。その結果、全国一般大阪地本は約十五年間にわたり、全国一般大阪地本(天王寺)と同(北)と二つの全国一般大阪地本が存在することになった。
 しかし、2000年11月から2001年4月にかけて全国一般大阪地本(北)に所属していた大阪一般合同労組を除く一八単組が全国一般大阪地本(天王寺)に復帰・合流したことで全国一般大阪地本は全国一般労組の大阪における唯一の地方本部としての地位を確立したその後、2009年1月自治労との完全統合がスタートし、名称も全国一般大阪地方労働組合となった。
 全国一般大阪地方労働組合には、大阪府下の中小企業で働く労働者で組織した労働組合が45組合あり、約1,000名の組合員が加入しています。
 また、一人でも加入できる「ユニオンおおさか」があります。
 全国一般大阪地方労働組合には、5名の専従職員、半専従職員が労働相談や、組織相談に対応しています。

           □■ ひとりで悩まず、まず相談を! ■□
 労働相談のページへ
 このページのトップへもどる