ライン

  HOMEHOME戻る    環境1


豊かさ指標 UNDP(国連開発計画)ニューヨーク 2006.11.9共同 W177カ国地域 平均寿命・成人識字率・就学率・GDP/女性の社会進出・女性議員比率;ノルウエー・アイスランド・オーストラリア・アイスランド・オーストラリア・アイスランド・スエーデン・カナダ・日本・米国・スイス・オランダの順。核問題のイラン、民主主義運動弾圧のミャンマーなどは低い

 環境 2013年以降PORTAL   次項目PORTAL頁 コデザイン・エネルギー・江の口川浄化(sub9-3)・オゾン層・温暖化(北極振動・日本の北冷南暑・水不足)・核融合核分裂・核燃料・省エネ・食料(藻)・寒冷化・食料・鯨・ほか)、気候変動、ハイドレード・保全、新世代エネルギー水素・環境変化(水や他の資源/河川=9-5.htm)・環境ホルモン、対応策、森林、マルハナバチ、省エネの実現具体策・新技術(sub9-1)、環境保全・近自然河川工法(sub9-3)、先端工学

先端工学
  総合開発  森林

第13回「地球環境と人類の存続に関するアンケート」環境時計
Welcome to my home Page
環境問題と人類の危機  環境問題と人類の危機  


 リストマーク 項目6 地球温暖化防止策 sub9-1 参)

2008.1.29高知新聞 財団法人若狭湾エネルギー研究センター フレネルレンズでクリーンエネルギーである太陽光を集め、(太陽炉で)焦点で2,000度の高温を生み出し、酸化鉄を不安定化させ炭酸ガスと混合したところ、炭酸ガス中の酸素が酸化鉄に吸収され、炭酸ガスが分解・消失したことが確認された。分解後に残るのは炭素だけで、廃棄物の発生もない。


2009.1.26高知新聞 平均気温1度上昇で、絶滅に瀕する生物種の10%増え、今後30年簡易東南アジアのさんご礁の88%失われる可能性;西部t多様性条約の専門委員会が25日までにまとまた。2010年名古屋市での多様性条約締結国会議で報告書を提出・・温暖化で対置の乾燥が進み、熱帯林が減少・東南アジアなどの泥炭湿地や北極の永久凍土の生態系が破壊され、土壌から大量の温室効果ガスが放出され、これが温暖化を更に進める悪循環が起きる危険も指摘・・森林の保護や新たな植林により排出減少が見込め、土壌の保全によりCOの吸収量を増やせるなどして、生態系を生かした温暖化対策の重要性を強調・・。

2008.1.9 高知新聞 温暖化災害が急増 地球温暖化に関連しているとされる気象災害の数が過去約25年の間に、洪水6倍・暴風雨4倍に増加、被害を受ける人の数も死傷者数も急増している・・貧困と環境の問題に取り組む民間団体オックスファム(本部・英国)がまとめた。・・アフリカやメキシコでの大規模な洪水、米カリフォルニア州やオーストラリアでの熱波や山火事など、07年にも気象災害は多発しており・・と警告・・。

 
http://ja5uxr.web.fc2.com/9-5.htm

2007.4.7高知新聞 温暖化国連報告 ブリュッセル2007.4.6共同 (ブリュッセル・第4次評価報告書採択) 水不足や洪水の深刻化する可能性高い・洪水暴風雨の損害拡大予測・海面上昇で沿岸の湿地の30%が消失の可能性・感染症の拡大・熱波や花粉アレルギー・大気汚染の増加による健康への影響・、気温上昇が1990年レベルから2〜3度以上になると世界のすべてで被害が大きくなる。2020年生物の3割絶滅の危機に瀕する。  

2006.11.15高新 WWFは75年後;鳥類7割絶滅の地域も。海水面上昇や湿地の減少・気候変化に対応できない場合など;渡り鳥・海鳥・やまや局地に住む鳥、ソデグロズル・ガラパゴスペンギン---。WWFは「炭鉱で有毒ガスを早期に探知するカナリアのようだ」

温室効果ガスは炭酸ガス・メタン・亜酸化窒素・フロンガス・HFC・PFCなどがあ。
地球規模で気温が上昇すると降水パターンの変化・海水面の上昇・砂漠化の進行・気候帯の数百kmの極方向への移動。(植物は温暖化すると北もしくは高地に移動せねばならない=種子を飛ばして分布を広げる速度は40m/年〜2km/年であり、移動する気候帯に追いつけず行き場を失い絶滅する恐れがある。

農業・林業・畜産への影響、海岸や島嶼住民の移動、港湾施設の破壊、凍土地帯での地形の不安定化・侵食・地すべりの増大の懸念。死亡率の増加の危険(夏高温=高齢者の熱射病など・熱帯熱マラリアが西日本〜中国北部までが流行危険地域に?・光化学スモッグの頻度を高くする。
二酸化炭素の大気中濃度が上昇すると、空気中のブタクサの花粉量が増加しアレルギー(喘息や花アレルギーなど)症状を訴える人の増加の恐れ。

温暖化 → NYに西ナイル熱ウイルス越冬<ヒートアイランドは、ウイルスや蚊の発生を促し寿命を延ばす>:ウイルスを刺した蚊が来たのか・鳥(とり、は、からす=例えば、日本脳炎が豚とコガタアカイエカというような関係らしい)が来たのか・人間が運んだのかは、わからないという、1999年渡米・ワクチン開発中2000.10)。危険・危ない。(対策等別掲)
---エボラ出血熱ワクチン カニクイ猿で感染防止に成功 米国立衛生研(NIH) 2000.11.30高新---


  地球寒冷化
温暖期には、地球の北極と南極の氷が融けて少なくなり、寒冷期には逆に氷が増える。このため、海の水の体積が増えたり減ったりして、海水準の変化が起きたといわれている。
なぜ、温暖期や寒冷期が交互に地球上に来るのかについては、地球への日照量の変動が原因という。地球の公転軌道面で地軸が首を振ることや、地軸の形が変わること、あるいは軌道の形が変わることによって日照量が変化し、そのわずかな変化が地球の気候システムの変動を与え、周期的に(約10万年の周期か、最終的には海水準が150m下がるくらいの寒冷期に向かう)温暖期や寒冷期が訪れると説明されている。現在の科学レベルでは、十分に予測できないという怖さがある。


東芝が取り組むスマートコミュニティ構想(環境関連情報) 2011.9.5

・・その日本の中でもとりわけ、「電力」「水」「交通網」「ビルディングの管理」「医療」「IT技術」「生活家電」「デジタル家電」などスマート・コミュニティ実現のための要素技術やノウハウを持つ東芝は、より良い「持続可能な社会」を達成するために貢献できるポテンシャルを持っています。・・・

2011
725 産業革新機構とランディス・ギア社への共同投資に関する契約を締結
2011
713 パークホームズ大倉山(総戸数177戸)」実証計画決定〜分譲マンションで初の採択、太陽光発電や蓄電池を搭載〜
2011627 日本企業として初めてスマートホームに関するEUプロジェクト 3eHouses に参加
2011年6月22日 中国・江西省共青城市におけるスマートコミュニティ技術実証事業への参画について 〜NEDOの日中共同プロジェクトの委託先に選定 〜
2011年6月9日 イタリア共和国ジェノバ市とのスマートシティに関する契約締結について
2011年5月19日 工場やビルの使用電力量をリアルタイムで収集する「使用電力見える化クラウドサービス」を発売東芝グループの東京電力・東北電力内主要拠点で6月中旬以降順次導入
2011
年4月1日 
地域・ビル・家庭のエネルギーマネジメントシステムの実証事業を受託〜経済産業省「次世代エネルギー・社会システム実証事業」に採択〜
2010年12月27日 「フランス・リヨン再開発地域におけるスマートコミュニティ実証事業」への

     
     

河川の8割環境基準達成1999.12.22環境庁 河川・湖沼・海域の水質汚濁の目安となる化学的酸素要求量(COD)などの環境は過去最高に改善されたが、海域は74.5%、湖沼は45.1%と低い水準。
全国の5,199の井戸のうち,5.6%にあたる293の井戸で窒素肥料被害(溶出した硝酸・亜硝酸性窒素)などで環境基準を超えていた。

船底にあるバラストタンクの水でコレラなどの病原菌が世界中に拡散の危険性(米スミソニアン環境研究センー2000.11.27付け英科学誌ネイチャーに発表)

2007.4.17高知新聞 中国 長江の環境に関する初の包括的報告書
(チベット高原を水源とし6,300km、上流では金沙江、四川省南部からは長江、江蘇省揚州からは揚子江とされている)
工場・住宅からのアンモニア・リンなどで水質悪化・1950年代に50万トンの漁獲量は90年代に10万トンに激減。揚子江いるかに加え長江固有のコイなど10種類のサカナが絶滅の危機に瀕している。自浄機能を失いNやPなどによる汚染が悪化・・「長江の保護と発展2007、全270P」

高知県文化環境部循環型社会推進課 体験学習(大気汚染調査・酸性雨や水生生物・騒音調査、簡易水質検査
移動環境学習車 1.5トンガソリン車・原則7日間貸し出し・燃料は借り出し者(市町村・学校・NPOで県内に住所があり県民に環境学習を行う団体に限る)が負担

LOHAS
 ロハス Lifestyles of Health and Sustainablity 健康と環境の持続を志向するライフスタイル


    

2002.2.26国土高通省、国際航路往来の船舶のバラスト水に混入した生物が原因とみられる生態系への破壊を防ぐ具体案を来月、国連(海洋環境保護委員会)に提案する。
===混入した生物を殺す装置・バラスト水の交換を陸から離れた海域でおこなう===1980年代に北米の五大湖に欧州産のムール貝の一種が異常繁殖し発電所や工場の取水口をふさぐ被害、70年代に米国東岸の肉食性くらげの黒海侵入アンチョビーの卵や幼魚を食べて同漁業を崩壊させた。生態系や漁業崩壊だけでなく病原菌による人の健康への被害も問題視されている。

愛知万博のキーワードの一つに「環境配慮」;---
環境への負荷を減らすため、生ごみ60gで30Wの蛍光灯を30分、500mlのペットボトルから90分点灯する電力が得られることを示し、燃料電池発電・太陽光発電など・環境に優しい循環型システムの発電プラントで、日本館の消費電力を賄い、発生する熱を管内の冷房にも活用していた---(高知市健康生きがい作りアドバイザー・窪田敏文さん)

2005.9.14高新 青森県六ケ所村で1週間の閉鎖空間(ミニ地球)での自給自足生活の実験が13日終わり「自分たちが育てている植物で二人が一週間暮らせすごいことだと感じる」と感想を述べた---排泄や呼吸などを通じて生態系をどのように循環するか調べるのが目的--450平方メートルで研究員2人・やぎ2匹が。付属の植物栽培室でとれた米や野菜を食べて過ごした。---「毎日、栽培した春菊を200グラム食べたが、これが2週間・3週間になると、どうかな」と苦笑したが--2009年度には連続4ヶ月の実験に挑戦したい--。

下の項目6参照
;2004.11.30 高新、電力中央研究所・米大気研究センター共同調査;今世紀末に炭酸ガス濃度を現在の約2倍と現在の約1.5倍に安定化させた場合、平均気温は23世紀末に3度と1.6度とそれぞれ上昇し平均降水量も7%と4%増えた。気温上昇に伴う北極の海水の溶解は続き、いずれの場合も
平均海面は23世紀末に32cmと17cmと上昇。25世紀半ばには上昇幅はそれぞれ40cmと20cmにまで増え続け世界的に水害や高潮の危険性が高まることが示された。<温暖化の影響は長期間にわたるので、問題を先送りせず温室効果ガスの排出削減をいそぐべきだと、同研究所丸山研究員は指摘>

巨大くらげ異常発生 2003.10.25高新 エチゼンクラゲが昨年に続き今年も参院から東北にかけて、の日本海に発生。水揚げが減っている。かさの直径が2m重さ200kg「取れた魚がクラゲに触れると、ウロコが剥げ落ちて売り物にならない」。水温が上昇に加ええさとなるプランクトンの質が変わったとみられている。

なお、クワガタムシは、温度が上昇すると、土中・幼虫から成虫への成長サイクルが早まり小型化している(東京都、2003年、TVで見ると半分くらいのサイズに小型化したのがいる)。


気温や気圧、風速により発症しやすい情報を警戒・注意として市民に提供する計画(広島医師会)が6月yはじめに掲載された。〜虫垂炎・時差ぼけや冬季鬱病など。卵の中では、バイオリズムは外界の環境に左右されないが、卵からでると外界の環境・特に月齢リズムと同調するようである。胎内の脳や細胞
は外界の環境のリズムを敏感に感知する。昆虫のウミユリは大潮のときに羽化し、カキはまんげつになると殻を開く。ウニの生殖サイクルは月齢サイクルと一致。テーブルサンゴの産卵は新月におこる。〜高新03.7所感雑感の高知学園短大三島教授。


アカウミガメはヤドカリや貝、さらにエビやカニも食べる肉食性。一方アオウミガメは草食性で、アマモやホンダワラなどの海草・海藻類を好む。また、タイマイは特殊な海綿動物を食べ、オサガメはクラゲ好き。「食性を変えることで競合を避け、共存。あるいは、食性のバランスがとれたため、絶滅を免れたのか」。
亀の胃や腸から、合成樹脂の袋・食品やシャンプーなどのプラスティック容器とそのキャップ、そして釣り糸。人間社会から出るゴミを・海に漂うごみをえさと間違え、消化器に詰まり死因となるケースもあるという。

石油備蓄 2003.3 英米・イラク攻撃 開戦2日前の3月18日サウジ及びカタールは「最大生産の用意あり、夜中でも電話を歓迎と約束」
日本国内の備蓄;1月末現在、国内消費量の171日分、日本に向かうタンカーに29日分、確保。
食料40%(酪製品100%)

                                 教育・文化

環境首都コンテストはドイツの環境NGOが1980年代末から10年間開催、これを日本でもと全国の9団体2支部が企画。高知市の消費者グループ「くらしを見つめる会(内田洋子会長)」が四国4県の市町村を担当する。088・820・1540

       環境問題2頁へ

「ガラパゴス諸島のように上陸する際は靴を洗い、島に滞在中に排泄した大小便は袋に入れて持ち帰るというようなところに行くと、地球は実はガラスの地球なんだということが分かる。それを認知して帰ってくる」。高田公理さん2001.3.28高新

し尿全廃期限、2004年度に延期、〔1996年には、2000年中に全廃が目標:用地難や住民の反対で処理施設の建設遅れ・市町村の財政難〕
先進国での海洋投棄は日本だけ。本県では1市・2村。2001.6.12


使用済み核燃料 ダイオキシン 環境ホルモン フロンガス 遺伝子組換え農産物 二酸化炭素

2020までの環境変化、経済協力開発機構(OECO)予測(3段階に分類)

環境への圧力 ・工場などからの汚染 ・ある種の大気汚染(鉛、フロン、一酸化炭素、硫黄酸化物、粒子状物質) 黄信号 ・水の利用 ・産業部門からの有害物質 ・有害廃棄物の発生 ・エネルギー生産と利用 赤信号 ・農業に伴う汚染 ・過剰漁獲 ・温室効化ガス ・自動車排ガス ・航空機廃ガス ・家庭からのごみ

環境状況 青信号 ・OECD諸国の森林面積 黄信号 ・地表の水の質 ・森林の質 ・オゾン層 赤信号 ・生物多様性 ・熱帯林の面積 ・魚の資源量 ・地下水汚染 ・化学物質による汚染 ・都市部の大気汚染 ・地球温暖化

 エネルギー庁  (財)日本エネルギー経済研究所  (財)環境情報普及センター
 国立環境研究所  (財)日本環境協会  (社)日本ガス協会
 (財)石油情報センター  (財)原子力発電技術機構  (財)新エネルギー財団
 日本LPガス協会  電気事業連合会  (財)省エネルギーセンター
 エネルギー環境教育センター  エネルギー・環境(財・電中研)



石油は、約1億年前の生物の死骸が変化したとする有機説と、地球の誕生日からあるメタンなどが変化したとする無機説がある。1993年京都大学生物工学の今中きょうじゅらは「HDIと命名した細菌が、メタンハイドレードが溶け酸素と反応して発生する二酸化炭素と水素を原料に、石油をつくった」とお仮説をたてている。HDIの石油生産量は乾燥菌体1gあたり0.026gとすくなく、このまま産業ベースで石油を大量生産するのは難しいが、より生成能力の高い菌が静岡県相良町の相良油田以外の油田で見つかるとの可能性もあるという。(2001.7.24高新)

リストマーク 項目1

2000.6月吉日、東京大手町,
(財)電力中央研究所は「トリレンマ問題群」(全5冊)を編集・執筆し、3,500冊を全国に寄贈された。この頁は、その一部分を抜粋したメモである。


「私たちの国は海抜2メートルほどの小さな島国で、私たちの背後にはリン鉱石の採掘で疲弊した荒れ地が残されていますが、目の前には地球温暖化によってせり上がってくる海面が待ち受けています。私たちは今ここで、ゴア米国大統領の言葉を聞こうと息をこらして待っています」;1997年京都、第3回気候変動枠組み条約締約国会議(略称、地球温暖化防止京都会議COP3)、ナウル共和国のクロドゥマール大統領。

          笹竹gif

私たちはエネルギーを使うことで、物質的に豊かになり、快適な暮らしが出来るようになった。暖房機器やクーラーにより冬の寒さや夏の暑さを堪え忍ぶ必要はなくなった。冷蔵庫や洗濯機といった家電製品の普及で家事労働は楽になっている。自動車を利用して好きなところへ行くことが出来る。
テレビ、ファックス、パソコンといった情報機器は、世界中の最新の情報や音楽を各家庭に届けてくれる。
その他、季節を問わず食べられる便利な食品、海外旅行、レジャー等々、人々の欲望を満たす事例を数え上げるときりがない。
そういった豊かさは決して無から生じているのではない。現代の社会の製品の多くは、エネルギー無しでは作ることも利用することも出来ない。
豊かさの陰には膨大なエネルギーが消費されている


1万年前の地球は、大型ほ乳類の宝庫であった。
当時すでに絶滅してしまった、マンモス、オオナマケモノ、ザーベルタイガー、マストドンといった動物が栄えていた。しかし1万1千年を境にして、そういった動物がわずか200年足らずの間に絶滅していることが考古学調査で明らかになっている。
絶滅した種の数は、44Kg以上の大型哺乳類で、北アメリカでは45属中の33属、南アメリカで58属中の46属にもなる。

原因は、人間による乱獲(食料)。その後に人々を襲ったものは、飢餓と抗争であろう。ひどい食糧不足は、生存可能な人口の数をへらさざるを得ず、弱肉強食のための種族間の生存をかけた争いを拡大することになる。


(財)電力中央研究所の「トリレンマ問題群」
は、現代社会は土地と地下資源の収奪でなりたっている、と警告している。つまり製品や技術を造り、かつ利用するために、金属、ガラス、石灰石、化石燃料といった地下資源を大量に消費してる。また、機械技術の進歩は、広大な土地を農地として利用している。
今日の豊かさと人口増加は、広大な土地と膨大な地下資源の収奪ともいえる使い方で成り立っていると教えている。


横ライン


トリレンマに直面する現代文明

横ライン

一旦破壊された環境の修復には、巨額の資金が必要となり、皮肉なことに修復のためにエネルギや資源をさらに大量に使わなければならない、。環境を犠牲にする経済発展は、結局、資源の枯渇を加速することになる。

@経済発展             . . . .. . . .. . . . .  光る球
Aエネルギー・食料資源の確保  . .. . . . . . . .  光る球
B環境保全           
   . . . . . . .. . 光る球

これら、三者の関係は、一方を立てれば他方が立たないジレンマが重なったトリレンマの状態にある。(人口増加が原因)

横ライン

平成十八年エネルギー環境教育研究フォオーラムin 高知 高知大学朝倉キャンパス

人口爆発は、エネルギーや食料の不足、貧困、伝染病、犯罪の増加、環境汚染など社会問題の原因となっている。温暖化やオゾン層破壊といった地球規模の公害問題。環境破壊。都市問題(スラム化、麻薬や犯罪、非行、交通事故、騒音、振動、ヒートアイランド現象、ゴミ公害は、環境の許容限界を超えた人間活動が原因である。


安心で豊かな社会を築くことを目標に、技術を発展させエネルギーを大量に消費してきた。しかし、効率最優先で進歩一筋に走ってきた物質文明は、生態系の破壊・資源枯渇などの社会問題をもたらしている。

同書は、『開発と成長』から『持続と調和』への転換を具体的なプランとともに提案している。

20世紀の世界は「開発と成長」;車や航空機などの輸送機関・ハウス栽培や養殖などの食品・暖房や除湿器温水トイレなどの家電製品、これらのエネルギーを大量に消費し、豊かさを享受しているのは、先進国の人々。
21世紀は開発途上国が本格的に資源を消費する時代に突入する可能性がある。

途上国の人口は、現在43億人、2050年には80億人にまで増加の見込み。
女性の初等教育に力を入れた事で、経済成長があがり出生率は下がり始めている国がある。これまで開発にむけていた投資を教育と女性の雇用拡大のために振り向けられるように努力することが大切。

21世紀は「持続と調和」を目標に発展する時代である。

環境メカニズムの新しい流れ大量生産の見直し・リサイクル・長寿命製品の開発・情報化により人や物の移動を少なくする

これからの生活は必要なものを見極める目が必要、環境意識・健康志向にも注意したい。(価格が高くても有機野菜を買うなど)

人々が、環境付負荷の小さい商品を購入したり、省資源に努めるようになることで、企業の商品開発や販売戦略、生産構造が変化し、社会全体での省エネにつながる


ライン


そこで問われるのが、消費者の行動価格やデザインだけではなく、エネルギー消費削減に結びつく選択基準を持つ、有害な化学物質が使われていないか、環境汚染物質を出さないか、耐用年数は長いか、リサイクル性はどうか〜

ライン

リストマーク 項目2 自動車からのモーダルシフト化が鍵

「困難に立ち向かう時の人間の知恵に大いに期待する」として、同書では、約100年前に経済学者の学生に向かって述べた言葉といわれるメッセージを、『Cool head,but warm heart(冷静な頭脳、だが暖かい心)をもって、困難に立ち向かおうを想起したい、と紹介している。
大気汚染は工場排煙より自動車の排ガスが原因      バス gif

「旅客交通」と「貨物交通」分類されるが、我が国では「旅客交通」のほうが、絶対量は大きく、伸び率も高い。
いずれにせよ、自動車によるエネルギーの消費量の抑制が重要な課題。

燃費の向上・交通量の削減のほかに、モーダルシフト方策つまり、自動車の利用をエネルギー消費量の小さい鉄道等の大量交通機関、あるいは自転車等に転換することである。
近年は、ライト・r−ル・トランジット(LRT)と呼ばれる、軌道を路面に設けた高速性能の電車システムが注目されている。

新幹線のエネルギー消費原単位は航空機の約4分の1、二酸化炭素排出原単位は約6分の1。したがって、航空機から鉄道へのモーダルシフトも二酸化炭素排出抑制には有効。東京〜大阪を、リニアモーターカー{超伝導磁気浮上式鉄道}が実現すれば、航空機より早く到達でき、さらに有効。

運輸部門ではエネルギー源のほとんどを石油に依存。航空機以外はなんらかの代替エネルギーを持っている。航空輸送は今後とも増加し続けることは確実(窒素酸化物による大気汚染)。排気ガスをまったく排出しない液体水素を燃料とする水素飛行機

水素はジェット燃料に比し軽いが、エネルギー密度が小さいため燃料タンクのスペースが大きくなるほか、高価・輸送・貯蔵・積み込み設備に膨大な費用、安全対策、水素製造に多大なエネルギーを消費するため、総合エネルギー。効率が非常に低くなる。

運輸部門の脱石油化
は、自動車・船舶が先行し、航空機は石油を使い尽くすまで消費続けるのではないだろうか。

D51
D-51(機関車や自動車へのモーダルシフト)

                     三角gifTOP


リストマーク  項目3 マルティメディア社会での省エネ対策

私たちを取り巻くアィティ I.T.環境
インフラ機器 : パソコン・ISDN網・携帯電話・通信衛星・携帯情報端末・CATVなど
企業:イントラネット・テレコミューティング・ヴァーチャルカンパニー・EC(電子取引)等
個人・家庭 : オンラインショッピング・カーナヴィゲイションシステム・ネットワークコミュニティ・SOHO・ホームオートメーション等
公共: 道路・交通網システム・緊急防災情報システム・遠隔教育・遠隔医療・町づくり住民参加システム・行政サーヴィス等

節電を心掛けた利用スタイルの徹底(昼休み・夜間休日の電源遮断)、機器自身の省エネ(省エネモード)
テレワーク : 通勤負担を軽減のため、会社ひとつの場所で終日勤務する。労務管理や上司や周囲の人々の理解・疎外感の克服・コミュニケイションの困難性やコスト負担等、本格的な普及のためにに解決すべき問題点も少なくない。


リストマーク  項目4 都市ずくり(省エネ型社会) 

エネルギー削減に寄与する町ずくり。(自動車の混雑・移動距離・大量輸送機関の有無・自然エネルギーの利用度・ヒートアイランド現象)→相乗り促進・時差出勤・時間大別料金制度

都市廃熱(清掃工場・発電所・地下鉄)利用、太陽光ほか未利用エネルギー(下水処理水・河川などの潜在的な熱源)の利用、によるエネルギー消費の減少

建物の配置;通勤エネルギー削減のための大量輸送機関の整備、共同化により廊下・配管・電気・機械設備などの共用部分での資源量の削減可能。オープンスペースを確保し、日照条件の改善、緑地・公園の確保等生活環境の向上を図ることができる。スプロール開発の停止。職住近接もOK。その他、エネルギー供給システムの改良(節電機器の普及・地域熱供給システムへの大規模蓄熱の導入・貯湯式給湯ヒートポンプなどによるp−ク低減や夜間電力の活用)。

徒歩・2輪による移動を前提とする交通機関の整備。
歩行者自転車{雨の日の使用に難点)優先の道路では、パーソナルビークル{超小型電気自動車}や電気自転車をタウンカー、レンタカー、乗合タクシーなどの形で、鉄道・バスの端末交通手段として活用。

ライトレールやトロリーバスなどの中量公共輸送機関の導入。複数の公共交通機関と端末交通との連続性確保(パークアンドライドシステム、電車・バスの乗り継ぎ施設)。デュアルモードバス(ガイドウエーでは集電走行・一般道路ではバッテリー走行)。自動車の個人保有の制限。


リストマーク  項目5 エネルギー市場の変化

エネルギー価格の高騰、例えば石油の供給の途絶等・エネルギーの不確実性をひごろから意識する必要がある。エネルギー価格の変化はエネルギーの需要構成を変え、エネルギー設備の選択に影響を及ぼし、経済活動に影響を及ぼし、環境問題に影響をもたらす。それrの変化がどの時点で生じるかを予見するのは困難である。

エネルギー市場は、特徴が2つ。ひとつは、変動するエネルギー価格であり、もう一つは増加の一途をたどるエネルギー消費である。ところで、価格が変動しても、世界のエネルギー需要はこれまではほぼ一貫して増加している。

つまり、価格の上昇は、経済成長を抑制しエネルギー価格の下落をもたたらす。これにより、経済成長は促されエネルギー需要も増加に転じ、これが高じてエネルギー価格は上昇局面を迎える。結果として、長期間にわたりエネルギー需要の堅調な需要が見られる。


この30年間(2000年)で学んだことは、エネルギー価格の乱高下(2回のオイルショック=石油危機)であり、特に上昇は急騰という表現がふさわしい。現在のエネルギー価格は歴史的な安値水準にあり、将来の価格上昇に備える必要がある。

発電技術(水力・石油・石炭・天然ガス・原子力・風力・太陽光)に多様性がなければ、将来の不確実性に備える事が出来ない。(石油は長期的に上昇する)。エネルギー源の選択肢は多くなければならない
技術の保持・開発が望まれる。例えば、核融合の開発には、国際的な資金協力のもとで実施する方法も模索されているという(1国だけでは、投資資金の回収に不安があるという考えかた)。

ドイツ 電力自由化(米企業などの参入検討)値下げ進み原発廃止の方向加速 2000.11.15

露がモンゴルに原発支援の協力協定調印・時期は「将来」。少数国によるミサイル防衛システム計画(米・日)に懸念がセット 2000.11.15

台湾行政院 原発中止を再確認 31日の臨時本会議では過半数の野党が建設決続行決議を行う予定(20011.31高新)
2000年9月からの原発問題は政権側の全面敗北で決着「第4原子力発電所」は経済運営や政局安定優先のため即時建設再開を決定した。2000.2.6高新

ライン

サイトマップ
my HP の 目次
索引をご覧頂きましたら、そこから其の頁に御立ち寄りくださいませ。
索 引

ライン

花


リストマーク 項目7

アルミ缶1個を作るのに、40w電球を半日つけっぱなしするだけの電力を消費する。
天ぷら揚げに使った小匙一杯分の油を流すと、魚が住める綺麗な水に戻すためには、なんと1トンの水で薄めなければならない。これは普通の家庭で使う1日の水の量と同じ。


東京水道局によれば、家庭の用途別水利用の割合は、洗濯25%、トイレ21%、風呂21%、炊事25%、洗面他8%<1997年頃>。水洗トイレ1回、8〜13リットル。

10分間アイドリングする(車に人が乗ってないのにエンジンをかけ続ける)と、140ccのガソリンが無駄になり、その燃料で1400m走ることが出来る。

エネルギー教育:サイトマップよりsub8-2へ
ハイブリッド車:同上4-0-1

横ライン

 リストマーク 項目9 有害物質

ダイオキシンの慢性毒性 発ガン性や貧血・皮膚炎・肝機能障害・催奇形性・受胎率の低下・免疫力の低下・環境ホルモンとしての作用

港湾の海底ダイオキシン 2003.3.26 国土交通省の技術指針
魚介類を通して人が摂取しないよう、@浚渫して除去し、無害化や埋め立て処分する、A土砂などで覆って拡散や魚介類への蓄積を防ぐ、Bセメント系の固化剤を注入して固める、のいずれかの対策を実施することを監視。海底の泥のダイオキシン類の環境基準は1gあたり150ピコグラム。


ダイオキシンやポリフェニール(PCB)など、有害な化学物質による環境汚染や健康被害を防ぐための国際条約の交渉会議の最終議長案が2000.9.13、明らかになった。ダイオキインや農薬など残留性有機汚染物質(POPs)
と呼ばれる12種類の化学物質を「使用を全廃する物質」「使用を制限」「排出を削減」の3つに分類、各国に対策を義務付けている。
強い表現を求めるEUと「全面的な廃絶は困難とする日本や米国との折衷案となっている。2000.9.13高新

残留性有機性汚染物質(POPs) ;ポリ塩化ビフェニール(PCB)や焼却過程で発生するダイオキシンとジベンソフラン、農薬のアルドリン、クロルデン、DDT、ディルドリン、エンドリン、トキサフェン、ヘプタクロル、ヘキサクロロベンゼン、マイレックスの12種類

議長案によれば、シロアリ駆除剤に使われたクロルデンなど8種類の物質については、生産と使用を原則的に全廃する。
 
ダム底ヘドロに高濃度ヒソ ダムに流入した落葉や枯葉が自然界にあるヒソや鉛などの重金属を吸着・時間経過とともに腐敗しヘドロとなって堆積した結果、濃縮したと見られる。千葉市での地球惑星科学関連学会(2003.5.27)「30年以上経過した複数のダムで採取し調査した結果の発表」。ダムのヘドロは大量になるので、下流に流せば皮や海の生態系に悪影響があり、この処理が課題となる。

HOMEHOME戻る